愛知県名古屋市を中心に表現活動をおこなっている劇団「放電家族」のオフィシャルウェブサイトです!人生と言う名の棒をフルスイング!

作家紹介

天野順一朗 Jun’ichiro Amano

amano-writer
劇作家、演出家

1984年7月24日
愛知県豊川市出身
岐阜県多治見市在住
マネジメント どっかんプロダクション
HKproject プロジェクトリーダー
日本劇作家協会東海支部員

「理不尽」な出来事と向かい合う、時に背を向ける人間たちの愛憎を、冷静かつ客観的に描く作風から、「理不尽の作家」と呼ばれる。
実際に起こった事件事故や、神話・古典などを下敷きに、過去と現在が忙しなく切り替わる場面構成や一見無関係と思われる複数のシーン・登場人物たちが終盤に向かい収束する展開を得意とする。

略歴

2000年 愛知県立新城東高等学校に入学後、休部状態だった演劇部を再興
2002年 高校3年次の作・演出を担当し、第55回中部日本高等学校演劇大会に愛知県代表として出場
2007年 中京大学演劇部劇団いかづち時代の同期である不動湧心とともに劇団「放電家族」を旗揚げ
2009年 東海医療科学専門学校医療演劇特別講師(~現在)
2011年 総合学園ヒューマンアカデミー名古屋校パフォーミングアーツカレッジ非常勤講師(~現在)
2012年 JTBエンタテインメントアカデミー名古屋校講師(~現在)
2013年 日本劇作家協会東海支部に正式入会

主な作品一覧

長編(80分~100分程度)
  • しおとさとう(2018)
  • さんじょのおつや
  • 市民劇 ようかん
  • モンクス・デライト
  • ふくをきろ
  • フカフカがーる-再縁-
  • ERROR of CLOSUREs
  • すくえ!ヨシムラちゃん!
  • 薫製と副流煙
  • いがいと女子なアナタのためのセステッド
  • しおとさとう
  • 三河弁ミュージカル Scramble
  • 厭劇入門
  • Sponge
  • 森海魚
  • リバプールを僕は知らない
  • ヌーの食卓
  • 無論、胡乱
  • 糸瓜
  • アワーホーム(放電家族ver)
  • 檸檬
  • フカフカがーる
  • 蛇と林檎
  • まつられ
  • The Doomsday Palm
  • Sugarless
  • Brothers 川谷さん家の四兄弟
  • 蝗の大群
  • アワーホーム(〆切非常事態ver)
中編(最大70分程度)
  • 終わりに見た月
  • オウバルの花
  • Quiet Noiz
  • ムスカリ
  • サナエ、テルツェット
  • じょまねぶ!
  • 空はいつも屋上の上の方に
  • 1970 ディスカバーマイセルフ
  • The Dense Woodland
  • ハイ、キムチ!?~小松家の場合~
  • second answer
  • Final answer?
短編(20~30分程度)
  • おくれ、約5分
  • はな
  • 402
  • 遭難したら天狗に出くわした
  • B-A-C-H
  • 干支セトラ
  • KAGUYA NO.1
  • 桃太郎のいぬ間に
  • てのひら
  • 最終的には吊り橋の上、みたいなやつ
  • アイスコーシー
PAGETOP
Copyright © 劇団「放電家族」 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.